Office2007へ

 Office2002(職場), 2003(家庭) を使っているが、大きな不満は特にない。小さい不満は沢山あるが。近い内に職場の個人端末が換装され、Office が 2007 に替わることが分かった。Office2007 は操作法が大きく変わっているという話を聞いているので、早めに慣れておくのが良かろうと思い、自宅の Xp マシンに Office2007 personal をインストールした。

 私が Office ソフトで最も頻繁に使っているのは、Word である。Excel は、電卓を使うには計算量が多いが、Fortran 等でプログラムを組むほどではない場合に使う程度なので、頻度は低い。PowerPoint は以前は全く使っていなかった。学会などでのプレゼン資料も Word で作っていた。Word で論文を書いてからプレゼン資料を作るので、Word との親和性が低い PowerPoint は使い辛かったので。しかし、「Word で論文を書いてから・・・」という前提がない場合、いきなりプレゼン資料を作る際は、PowerPoint は使い易い面もあることに最近気付いたので、時々使っている。しかし、personal 版には PowerPoint は含まれていない。従って、今回の試用は、Word2007 だけとした。

 Word でしばしば使用する機能は、
  (1)スタイル設定
  (2)数式エディタ 
  (3)図とテキスト・ボックスのグループ化
である。Word 2007 でのこれらの機能の使い方を実際に文書を作成しながら調べた。

(1)スタイル設定
 新たに最初から設定するのは嫌である。2002 などで作った文書を 2007 で読み込み、そこで使われているスタイル一式を、名前を付けて登録することができた。これで OK である。

(2)数式エディタ
 2002, 2003 では数式エディタ3.0 を使っている。この操作性はとても満足している。10年以上前に初めて数式エディタに触った時、マニュアルなどを見なくても、画面の表示を見るだけで的確に使えた。自宅では数年前から OpenOffice も使っているが、OpenOffice の数式エディタの操作性は、私から見ると使う気にならないほどの出来である。
 下に、Word 2007 の最上部の画面を示す。図をクリックすると、より綺麗に見える。
c0011875_117539.jpg

図の右端付近に「π数式」のボタンがある。ここを押すと数式入力ができる。従来の数式エディタ3.0 とほぼ同様なことができるが、(私には) 操作性が悪い。
 「π数式」ボタンの左下に「オブジェクト」があるので、それを押すと、「オブジェクトの挿入」というウィンドウが開き、その中の「Microsoft 数式 3.0」を選択すると、2003 までの数式エディタ 3.0 が使える。これで安心した。

(3)図とテキスト・ボックスのグループ化
 論文などで図やグラフを貼り付けた時、その下に「図2 軌道の変化」のようにテキスト・ボックスで説明を付ける。後の編集作業をやり易くするため、図やグラフとテキスト・ボックスをグループ化している。こうすると、1つのオブジェクトとして移動やコピーができて便利だから。
 2003 までは、図とテキスト・ボックスを、Shift キーを押しながらクリックする事で2つを選択でき、マウスの右クリックのメニューから「グループ化」を選べば良かった。ところが、2007 では、図とテキスト・ボックスの2つを Shift キーを押しても同時に選択できない。これではグループ化できない。どうするのかと思って、ヘルプを調べると、

・予め「新しい描画キャンパス」を画面に開いておき、そこに図とテキスト・ボックスを入れる。
・その後は、2003 までと同様に2つを選択してグループ化する。
・グループ化が終わると、それを「新しい描画キャンパス」から取り出して、画面の置きたい所に移す。
・そして「新しい描画キャンパス」は不要になったので消す。

という手順でできた。「新しい描画キャンパス」というユーザーから見れば不要な物を介して操作する事を要求している。プログラムが完成まで行っていないのではないか、と思わせる。Word 2008 位で改善しようと思っているのだろうか。

[追記](2009年1月11日22時)
 上記の手順で、図とテキスト・ボックスのグループ化を行なった結果を、Word2003で同じ事をした結果と比較してみた。Word2003の結果の方が幾分綺麗である。Word2007の方は、文字や線が僅かに滲んでいる印象である。「新しい描画キャンパス」に一旦入れたため、余分なフィルターを通して見ているような感じ。もっと良い方法が見つかるまで、上記の方法を使わざるを得ないだろう。


 一部操作性の悪くなった点もあるが、従来から行っている操作を 2007 で行なう方法は分かった。
by utashima | 2009-01-11 10:50 | パソコン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/10573546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かがわ at 2009-01-11 18:04 x
Word2007で数式と言えば、ついでにこちらもお試しください。

Word 2007 アドイン: Microsoft Math
Commented by かがわ at 2009-01-11 18:08 x
URLを入れようとしたのですがどうしてもはいりませんでした。入手先は、日本のMicrosoftで”Microsoft Math”で検索すれば見つかります。
Commented by utashima at 2009-01-11 19:46
「かがわ」さん、教えて頂き、有難う御座います。早速試してみました。Microsoft .NET Framework 2.0も必要だったので、それもダウンロードして。

簡単にグラフを表示できました。でも、「π数式」ボタンで数式を入力する事が前提なので、私は「π数式」ボタンの操作性が改善されない限り、使わないでしょう。グラフ化は専用の便利なツールを使っていますし。
Commented by utashima at 2009-01-11 19:54
マイクロソフトは、何から何まで自前で揃えようとしています。今回のグラフ化機能もその一つでしょう。でも、マイクロソフトが揃えるツールは、往々にして使い勝手が悪い。Word2003にも付いている「数式エディタ3.0」が使い易いのは例外的と思っています。「数式エディタ3.0」はマイクロソフト製ではなく、外部のツールを組み込んだと聞いています。私の希望は、各種ツールのインターフェースを公開し、誰でもツールを作って組み込めるようにして欲しいという事です。マイクロソフトの独り善がりに束縛されるのは、勘弁して欲しい。


<< 都市ガス化とecoジョーズ後の... 銀行ATMから「ゆうちょ銀行」... >>