Windows Search 4.0 の OpenOffice文書検索能力

 今まで Google Desktop を使ってきた。色々なファイルから高速に検索してくれるので気に入っていた。でも、OpenOffice の文書ファイルは検索対象外であった。私の知っている限り、現在もそうである。OpenOffice を自宅ではかなり使用しているので、それらが対象外というのでは、高速検索ツールとして価値が減る。

 先日、MS Office 2007 をインストールする必要が生じ、その時、Windows Search という高速検索ツールを知った。ネットで調べてみると、かなり前から公開されており、現在は ver.4.0 となっている。このツールの検索対象ファイルの中に、OpenOffice のファイルもあったので、Google Desktop をアンインストールし、Windows Search をインストールした。

 確かに、OpenOffice が作成する odt や ods という拡張子のファイルも一部は検索された。しかし、何故か検索されない odt ファイルも沢山ある。日々の記録を記している odt ファイルも検索されないので、殆どメリットがないが、現在はこれを使うしかないのは残念。
by utashima | 2009-01-07 23:49 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://utashima.exblog.jp/tb/10541546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 銀行ATMから「ゆうちょ銀行」... 2009年の初詣 >>