『歌島昌由の近況』ブログの目次

                                『歌島昌由の近況』ブログの目次

 ブログ・システムは目次機能を持っておらず、過去の記事を読む場合は不便です。そこで、本ブログでは、2段階の目次ページを用意しました。

・このページは、このブログ全体の目次です。
・以下に記した各カテゴリ名をクリックすると、そのカテゴリの目次にジャンプします。そこで、読みたい記事のタイトル名をクリックして下さい。その記事を読む事ができます。

1. 宇宙機の軌道設計/ 解析
2. 宇宙開発トピックス
3. 歌島姓・尾道
4. 省エネルギー
5. つくば近傍探訪記
6. パソコン
7. 映画・ドラマ
8. 読書
9. 読書2
10.ブログ作成の経過
11.囲碁
12.イベント
# by utashima | 2016-12-31 23:59 | 目次 | Trackback | Comments(2)

2回目の脳MRI検査

 2016年6月23日に2度目の脳MRI検査を受けた。5月末から、朝に軽い回転性目眩が時々発生するようになったのが切っ掛け。回転性目眩は今年に入ってから殆ど消えており、何故今頃現われたのかが気になっていた。半年前の事故による脳内損傷は原因では無かろうと思っていたが、確認の為にMRI検査を受けた次第。

 本日(6月27日)に脳神経外科の外来で検査結果を聞いた。半年前の画像と今回の画像を比較して、事故による硬膜下血腫が殆ど消えている事を確認できた。これで最近の目眩の原因は、事故の可能性が小さくなった。

 目眩の原因は色々あるらしいが、回転性目眩は耳石が三半規管に入り込む事で生じる場合が多いらしい。そうであれば、放置して良いようだ。耳鼻科に行けば耳石が原因か分かるらしいが、大した事は無いので、私は放置する積り。耳石を元の位置に戻すには、ラジオ体操が良いと書いてあるサイトがあったので、時々実行している。

 これから、加害者の保険会社と示談に臨む予定。
# by utashima | 2016-06-27 17:13 | イベント | Trackback | Comments(0)

父の日のプレゼント(2016年)

 今年も子供達から父の日のプレゼントを貰った。c0011875_10522582.jpgc0011875_10551135.jpg
西利の京つけものMACALLANウイスキー。どちらも初めてのもの。有り難う。
# by utashima | 2016-06-19 10:51 | イベント | Trackback | Comments(0)

PCからネットワークPrinterによる印刷できず

 2016年5月3日に自宅のPCの修理が終わって戻ってきた。翌5月4日、朝日新聞恒例のパズルを朝日新聞サイトからダウンロードし、印刷しようとした。プリンタは、無線ルータに接続したEP-807AR。昨年8月に購入したもの。ところが印刷できない。印刷機能は、コピーを試してみて正常。PCからの指令による資料のスキャニングも、作られたPDFファイルをPCに保存できた。印刷だけができない。娘のNote PCからは正常に印刷できている。この時思ったのは、根拠は無いが東芝での修理が原因ではないかという事。

 先ず、修理してくれた東芝に電話した。遠隔操作の設定をしてくれて、言われるままに自分のPCを操作し、プリンタ関係の設定に問題ない事を確認してくれた。つまりは原因不明。プリンタのEPSONに次に電話。特に情報は得られなかった。最後に、無線ルータのバッファローにも電話したが、解決せず。直接の障害は印刷できない事なので、EPSONのサポートサイトにアクセスし、状況を記入して回答を依頼した。

 その後、2,3日の間に、数回のメールの往復が、EPSONと私の間にあった。PC周りの無線LANとプリンターとセキュリティ・ソフトが関係しており、一時はどうなる事かと気持ちが沈んだ。この連休の後半は、この問題ばかり考えていた。しかし、EPSONの人の指導で、一つ一つ確認して行き、問題点が絞られてきた。

 常駐ソフトとセキュリティ・ソフトを全て無効にし、印刷できるかを試した。この時はWANケーブルは抜いておく。印刷は正常だった。次に、常駐ソフトのみ無効とした設定で印刷を試みたが、印刷できず。この段階で、セキュリティ・ソフトが原因と判断できた。EPSONの人から、セキュリティソフトのファイアウォールへの例外登録が影響しているかも知れないとの情報を得て、ネットで探すと、こちらのサイトが見つかった。正に、今直面している状況に関するものだった。そのサイトの情報に従って、ファイアウォールのアダプタ設定を行なうと、正常に印刷できるようになった。しかし、このアダプタ設定は、プリンタを購入して設定した時に実行した記憶はない。単に忘れただけの可能性も有るが。

 4〜5日間の苦悩の日々だった。東芝に修理に出す前は印刷できていた。今年の2月に確定申告した時、このプリンターで印刷した。それ以降、セキュリティ・ソフトのファイアウォールの設定変更はしていない。修理の時に何かが変わったような気がしているが、正常になったので、これ以上の詮索は止めよう。

 数日間、メールで指導して頂いたEPSONの人に感謝します。
# by utashima | 2016-05-08 19:01 | パソコン | Trackback | Comments(0)

小惑星番号34424の小惑星に私の名前を付けて戴いた

 c0011875_18122545.jpg4月22日発行(偶然にも私の65歳の誕生日)のMPC99892に、小惑星番号34424の小惑星にUtashimaという名前が付けられた事が公表されている事を、日本スペースガード協会(JSGA)の理事の方から知らせて頂いた。

 日本スペースガード協会設立(1996年10月)当初に理事の末席を汚し、将来の宇宙望遠鏡や地上望遠鏡によるNEO(Near Earth Objects)検出の検討を進めて、JSGAの機関誌「あすてろいど」にNEO検出シミュレーション結果やラグランジュ点近傍軌道(宇宙望遠鏡設置場所の候補の一つ)などについて投稿して来た事が評価されて、日本スペースガード協会が命名権を持つ小惑星の一つに「Utashima」を付ける提案をMPC(Minor Planet Center)に申請して頂いていた。

 小惑星Utashimaは、右図のように火星と木星の軌道のほぼ中間付近を飛んでいる。絶対等級が14.3なので直径は6km程度である。まだまだ生きる積りであるが、将来の冥土への土産ができたような気がしている。
# by utashima | 2016-05-03 18:45 | イベント | Trackback | Comments(1)

自宅PCの故障

 4月中旬から自宅のPCの液晶画面が異常になりました。突然に、縦横のいろんな色の線が点滅します。強制的に電源オフした後、オンしても変化なし。同じことを数回繰り返して、諦めて電源オンのまま暫く放置していました。すると、Windows7が自動的に立ち上がりました。しかし、1〜2日後に全く同じ症状が発生。

 このPCは、REGZA PC D732/T7FBで、3.5年前に購入したもの。買い換えるのはまだ勿体ないので、東芝PCあんしんサポートに電話しました。症状を説明すると、「液晶ディスプレーの交換になるでしょう、3〜4万円程度の修理費用と思われる」、との事だったので、修理を依頼しました。4月26日に宅配業者が来て梱包して発送してくれました。4月28日の東芝からの電話で修理費用の金額を教えて貰い、修理にGOを掛けました。そして、本日(5月3日)修理を終えたPCが届きました。なお、輸送費は無料でした。

 このPCはテレビ機能も付いているものなので、これが無くなると、何もする事が無くなり、困りました。テレビは普段は使っていないものが有り、BD/DVDプレーヤーも付いているので、それを書斎に移設。ネット囲碁やネットニュースは、Nexus7タブレットの小さい画面で我慢しました。Nexus7で検索する時、文字入力の使い勝手の悪さに辟易しました。およそ2週間振りに使い勝手の良いデスクトップPCを操作でき、満足しています。
# by utashima | 2016-05-03 18:01 | パソコン | Trackback | Comments(0)

65歳・62歳の誕生祝

c0011875_22395412.jpg
 昨日は私の、今日は家内の誕生日。それぞれ65歳、62歳になった。子供達と家内の両親が、つくば市内の「いの瀬 凛」で食事会を開いてくれた。美味しい和食で、最後は蕎麦で締めた。長男は横浜に住んでいて都合がつかなかったが、『国産ウイスキー ミニボトル7種詰合せ』(右の写真)を送ってくれた。
# by utashima | 2016-04-23 22:40 | イベント | Trackback | Comments(0)

NASAはミュー粒子を使って小惑星の内部探査を検討

 『日経サイエンス』(2016年4月号)の「素粒子で地球を透視」という記事に、興味深い事が書かれていた。ミュー粒子を使って、火山内部や福島第一原発内部を透視して観測する事が行なわれている。この技術は、将来、小惑星探査に適用すれば、小惑星の内部構造を知る事が出来そうだと以前から思っていた。この記事の68頁に、NASAが、1km程度のサイズの小惑星の内部探査にミュオグラフィ(ミュー粒子を用いた透視技術)を使う事を検討していると書かれていた。
# by utashima | 2016-04-11 19:16 | 読書2 | Trackback | Comments(0)

録画失敗のBD-Rを交換

 2016年1月にPanasonic製BD-R(25GB)10枚セットをヤマダ電機で購入した時、「録画に失敗した時は持って来て頂ければ、録画できない事を店で確認し、新ディスクと交換します」と言って下さった。この時のBD-Rセットは2枚正常に録画できていた。今日、3枚目を使って録画しようとした。しかし録画に失敗。夕方にヤマダ電機に領収書と共にBD-Rを持参した。10分程度待っている間に、録画できない事を確認して頂き、新BD-Rを頂いた。
 今までに録画に失敗したBD-Rは何十枚あったか分からない位。ネットで購入した事が多いので、不良品だから交換して欲しいと電話しても、断わられていた。

 最近は、ヤマダ電機とネット購入との価格差は殆どなくなり、上記のように持参すれば交換に応じてくれる事が分かったので、ヤマダ電機で買おうと思う。価格差が開けば、考え直すが。

 なお、BD-R DL(50GB)は、Panasonic製でも録画できない事が稀ではないので、当面は25GB版の購入としている。

[追記(2016年5月7日)]
 上記の10枚セットの最後の1枚を使ってダビングを試みた。すぐにエラーが出て終了。2度と記録できなくなった。今日、ヤマダ電機に持ち込んだら、上記の時とは異なる対応。「6か月前からディスクの交換には応じない事にした」と言う。上記の10枚セットを買う時、店員に交換を確認しているが、それは今年の1月後半。今日の店員がいい加減な返事をしたのか、前回の店員が店の方針を知らずに対応したのか、分からないが、困ったものだ。今回は、店からPanasonicへ連絡してくれる事になったが。どんな返事がPanasonicから来るか。

[追記(2016年5月8日)]
 先ほどPanasonicから電話があった。不具合のあったBD-Rを着払いで郵送してくれたら、新しいディスクを送ると言う。
 私が送る時、ディスクが壊れないように、緩衝材の入った封筒などを購入して送らねばならない。郵送料だけの負担では済まない。更に、このような事態は、今回限りではなく、今後も続く筈。10枚セットの中の数枚は書き込みに失敗するのが今までの状態。よって、私は、Panasonicの提案をお断りした。
 私が提案したのは、不良品を店に持参し、店からPanasonicに送って戴くと言う方法。多くの商品がこのような方式になっていると思う。しかし、先例がないとかの理由を付けて、OKして貰えなかった。
 PanasonicのBD-Rは最も品質が良いと思っているが、それでも私の経験では10%程度の不良品がある。このような不良品を買ってしまったユーザーへの対処法は考え直すべきと、Panasonicの人に伝えて、この件は終わりとした。
# by utashima | 2016-03-24 17:43 | パソコン | Trackback | Comments(0)

20、30年前の解析検討が役立っているこの頃

 ここ数年(再雇用期間)を振り返ると、私の過去の検討成果が役立っている事が多い。火星衛星探査(フォボス探査)、ETS-9のorbit-raising、SLATSの大気密度推定など。

(1)火星衛星(フォボス)探査:20年以上前の1990年代に国内の研究者達と検討していた。
(2)ETS-9のorbit-raising:SSPSの軌道間輸送の観点で検討した。NASDA入社当時から解析したいテーマだった。実際に解析できたのは、2000年頃なので、15年位前。
(3)高精度の平均軌道長半径:SLATSの大気密度推定に利用する。これは1980年代前半に日本初の地球観測衛星MOS-1のために広田氏と共に開発したソフト。30年前の成果。

 JAXAにおいて、常に10年先、20年先を目指した研究をせよと言われている。
 上記の(1),(2)はすぐに実現できるとは当時から思っていなかったが、必要なテーマだと思い、興味があり、私にも出来そうだと思ったので取り組んだ。研究資金は殆ど貰っていない。普通のPCと、色々な研究者達との交流のできる時間と旅費で充分だった。
 (3)は目前のミッションであったMOS-1の運用を効率的に行なうための機能として考えたもの。その数年前に行なった静止衛星の軌道保持ソフトの自作が大きく役立っている。この技術が30年後にも役立ちそうだという事は驚きである。

 私の過去の成果が、(1)〜(3)などで役立ちそうだとなったのは、60歳で定年退職した後。今は再雇用の4年目であり、20年〜30年前の自作資料や自作ソフトを提供しながら、検討に参加し、生き甲斐のある日々を送っている。もし、60歳で完全にJAXAから退職していると、このような経験はできなかったであろう。
# by utashima | 2016-03-19 12:00 | 宇宙機の軌道設計/ 解析 | Trackback | Comments(0)

今新車を買うとしたら

 昨日、私のFITの2回目の車検に行ってきた。2011年春(東日本大震災の直後)に購入したもの。約1時間で終えた。車検を待っている間、店の営業の人に、最近の車について質問させて頂いた。私が今気になっているのは、乗っているFITと同程度の車を今買うとして、自動ブレーキ機能とドライブ・レコーダーをオプション等として装備できるかという事。可能との返事を頂いた。更に、ドライブ・レコーダーの視野について質問した。今は前方視だけに対応しているらしい。私としては、全方位の視野を希望している。以前に、右後方から衝突された事があるので。
 今、新しいFITを買うとしたら、元々燃費は良いのでハイブリッドには拘らず、自動ブレーキとドライブ・レコーダーを是非搭載したいと考えている。最近も運転者の症状が急変して大きな事故になったケースが続いた。自動運転の実現がニュースになっているが、先ずは、人間を支援して安全性を向上させるシステムの普及が必要であろう。人間に慎重な運転を要求するだけでは限界がある。その先に自動運転がある。

 車検が終わる頃、営業の人が私の要望を入れた新FITの見積もりを持って来てくれた。
# by utashima | 2016-03-06 11:33 | 省エネルギー | Trackback | Comments(2)

近所の書店が廃業

 今日の午後、ウォーキング中に、近所の書店が昨日で廃業していた事を知った。毎日のウォーキングで、この書店に寄る事が多かった。夏は書店の冷房で、冬は暖房で、リラックスできた。
 最近はここで本を買う事は少なくなっていた。電子書籍を楽天koboで買う事が多い。書店で買わなくなったのには、幾つかの理由がある。

(1)家に置くスペースの問題。
 書斎にずらっと蔵書が並ぶのは好きではあるが、書斎の広さがそれを許さない。読んで要らなくなった本を廃棄するのも手間。
(2)環境問題
 大量の紙資源の消費は環境問題にも良くないだろう。
(3)私の首の問題
 私は頸椎に多少問題があるようで、頭を下に向けて本を読む姿勢を続けると、首が痛くなったり、肩が凝ったりする。一方、電子書籍をPCの大画面に表示して読むと、首にも優しい。

 今までは楽天koboで購入していたが、楽しみにしていた『空母いぶき 第3巻』の電子版が中々出版されない。書店には既に並んでいるが、買いたいのを我慢して来た。Amazonのサイトを見ると、発売日は2月26日だが予約できる状態だった。楽天koboももしかしたら2月26日に発売するのかも知れないが何もアナウンスがないので、Amazonで予約した。Amazonの電子書籍はKindleアプリで読む。PC版、タブレット版のアプリも無料でダウンロードできる。両方ともダウンロードして使える状態にした。Kindleアプリはまだ使い込んでいないが、今後はkoboアプリと比較して使い易い方を主に使う事になろう。

[追記(2016年2月16日)]
 今日、楽天koboのサイトで、『空母いぶき 第3巻』の予約を受け付けている事を知った。発売日は2月26日だった。
# by utashima | 2016-02-13 16:13 | パソコン | Trackback | Comments(0)

個人番号カードを取得

 2016年2月1日につくば市役所に行き、個人番号カードを発行して貰った。コンビニで住民票や印鑑証明書の写しを得る事のできる電子証明書も付けてもらったので、そのための暗証番号を2つ入力した。30分ほどで全て終了した。
 その日の夕方、近所のコンビニで住民票の写しを試しに取得してみようとしたが、「そのカードは使えません」といった内容のメッセージが出た。登録したその日だから無理かなと思い、今日再びコンビニで試みた。今日は巧く行った。
# by utashima | 2016-02-02 20:59 | イベント | Trackback | Comments(0)

2016年の初詣

 今年の正月は三が日とも晴れて暖かそうである。次男の勤務日程を考慮して1月2日午前に千勝神社に初詣に出かけた。私、家内、次男、長女の4人で。ここには、2008年から続けて詣でている。2日は混むかなと思ったが、午前だったからか、大した事は無かった。

 いつものように、干支の置物(1000円程度)と御神籤を買った。小吉だった。しかし、「吉凶よりも運勢の説明で何が語られているかが大切である」との説もある。1年後に振り返ってみる時の参考にするため、今日の御神籤は年月日を記載して机の引き出しに保存しておく。

 帰りに、イオンモールつくばのレストランで昼食を摂った。私は、握り寿司・そば・天ぷらの好物ばかりのセット。
# by utashima | 2016-01-02 16:09 | イベント | Trackback | Comments(0)

初めてのMRI検査

 11月30日の交通事故の後、筑波メディカルセンター病院に4日間入院し、12月4日に退院した。12月10日に左後頭部の抜糸をして貰った。事故直後に脳のCT検査を行ない、翌日に2回目の検査をしており、脳内出血の領域は広がっていない事を確認していた。

 念のために詳細な撮影ができるMRI検査も行なう事になり、12月22日に脳のMRI検査を受けた。私はMRI検査を受けるのは初めてである。レントゲン撮影のように短時間に終わるものと思っていたら、20分間じっとしていなければならない事が分かった。偶に咳が出る事があり、20分の間に出ない事を祈って検査を受けた。数分したら寝てしまったようで、「終わりました」という声で目覚めた。最初の数分間は、かなり苦痛だった。

 今日(12月24日)、脳神経外科外来に行き、MRI検査の結果を聞いた。内出血の領域は幾分小さくなっており、このまま様子を見れば良いとの事。左肩や左腰の打ち身のような痛みも軽減して来た。
# by utashima | 2015-12-24 15:11 | イベント | Trackback | Comments(0)

年末の車(FIT)整備(2015年)

 今年も年末に、行き付けのガソリンスタンドでFITの整備を行なった。以下の整備を実施して貰った。

(1)エンジン・オイルの交換
 昨年と同様に、ホンダ推奨の0W-20を入れた。燃費が向上するらしい。

(2)オイル・エレメントの交換

(3)バッテリーの交換
 点検して貰うと、10段階の判定で2だった。NGという最低ランク。交換を薦められ、ENEOSのバッテリーに交換した。
 帰宅して調べてみると、ちょうど1年前にこのガソリン・スタンドでENEOSの60B19L に交換していた。その時は、新車購入時からの初めての交換であり、新車時のバッテリーは3.5年使った事になる。
 ところが1年前に交換したバッテリーは、たった1年の寿命だったという事になる。こんな短寿命は、私は初めて経験した。このFITの運転頻度や距離は、新車購入時から変わっていない。今回、何故1年寿命となったのか、分からない。偶々悪い品質の物に当たったのか。
# by utashima | 2015-12-23 14:51 | 省エネルギー | Trackback | Comments(0)

トイレのリフォーム

 住んでいる家は1995年に新築したもので、20年を経た。昨年は浴室と1階の洗面所をリフォームした。今回は、1階・2階のトイレと、2階の洗面所をリフォームした。
 1階のトイレは少し広めであり、TOTOウォシュレットのネオレストを選択した。2階のトイレは少し狭いので、同じくTOTOのアプリコットを選択した。これらのタイプの取扱説明書は、こちらに置かれている。

 10年ひと昔と言うが、20年前のトイレと今回のトイレを比べると、進歩に驚かされる。水の使用量が何分の一かになり、便座の暖房も省エネになっている。1階のトイレは、室温自体を自動制御できる。今は5度を下回ったら自動で暖めるような設定にしている。

[洗面化粧台の5枚ミラー](追記:2015年12月25日)
 今日、新しい洗面所の5枚ミラーの威力に感激した。これはトクラスという会社の製品。3分割のミラーから成っているが、両サイドが表裏Wミラーとなっており、頭の横や後ろも見る事が出来る。上のリンク先をご覧ください。
 何故感激したかと言うと、交通事故で生じた左後頭部の傷を自分の目で見る事が出来たので。今までは、毎日、風呂上りに家内にそこの写真を撮って貰っていた。日々の写真を見ると、傷の経過が良く分かる。自分の目で見る事が出来るようになったが、記録として残せるので、今後もデジカメで撮影して貰う。

 

 
# by utashima | 2015-12-20 12:25 | イベント | Trackback | Comments(0)

交通事故で入院

c0011875_1215898.jpg 11月30日午後3時過ぎに横断歩道を青信号で渡っていた時、いきなり左後ろから車に衝突され、横断歩道に倒れた。衝突の瞬間から数秒間の記憶はない。その車は私の視界に入っていない。

 事故現場の地図をこちらに掲げた。真ん中付近の東2丁目のT字交差点で、土浦野田線を横切る横断歩道である。私は、この横断歩道を北側から南側に向けて渡っていた。南北を逆にした図で、歩行中の私と衝突した車の関係を示したものを右に貼り付けている。

 倒れた状態に私が気付いた直後に、男の人が警察手帳を示して「警察です。大丈夫ですか。」と声をかけて下さった。別の用務でその付近に偶々居られたようだ。私は起きようとしたが、私の頭部から出血しているのに気付いたからか、その人は私をそのままにさせ、付近の人と協力して歩道まで丁寧に運んで戴いた。そして、救急車を呼んで下さった。救急車が来るまでの間、私の意識を確認するためか、いろいろ話しかけて下さった。搬送先の病院に希望はあるかと聞かれたので、次男が研修医として勤務している筑波メディカルセンター病院をお願いした。

 以上が事故現場での顛末である。事故に遭ったのは不運であったが、その後の処置は、この上ない良いものであり、幸運だった。現場で指揮をして頂いた警察の方に感謝します。

 この場所は、危ない場所として多くの人に認識されていたようである。右折する車と横断する歩行者を時分割で制御すべきではないかと思っている。幾つかの方式が考えられるが、今の信号システムでは危険が大きいと思う。出来るだけ早い対策をお願いしたい。
 最近は自動ブレーキ装備の車も現れており、このような車が増えれば、今回のような事故は減る事が期待できる。

----------- 病院搬送後 -----------

 多分、後頭部の止血をした後、ほぼ全身のレントゲン検査を受けた。左肩を押すと痛かったのと、左腰に痛みがあったので。肩と腰は、骨に異常は無かった。痛みはまだあるが、湿布で対応している。脳はCTで検査して頂いた。脳内部に少し出血があった。18時間後に、再び脳のCT撮影をし、脳内出血の領域は拡大していない事が確認でき、一安心。

 約2日間、ICU(集中治療室)で様子を見た。前半の1日間は点滴を受けた。その後、起きたり寝たりの姿勢変化時に少しめまいが生じる他は、問題なくなったので、12月2日午後から一般病棟に移った。そして、体と脳のリハビリと検査を受け、問題ない事を確認できた。

 脳内の内出血は、日数が経つと消えて来るという事なので、12月4日に退院した。数日間、自宅で普通の生活をしてみて出勤できると判断したので、12月8日から出勤した。
 毎日夜、風呂に入る前に患部のキズパワーパッドを外して写真を撮り(家内に撮って貰い)、風呂で頭を洗い、上がってから再び新しいキズパワーパッドを貼るという事を退院してから続けた。これらの写真を見ると、針数は7〜8位であろうか。

 12月10日は脳神経外科外来に行き、左後頭部の抜糸をして貰った。今月末に脳のMRI検査を受ける予定である。

----------- 雑感 -------------

 車を運転している時は勿論、歩いている時も十分注意していた積りであるが、この事故を防げなかったのは残念である。上に書いたような信号システムの改善を是非お願いしたい。

 入院している時、何度か涙が出てきた。入院1日目の頃は、車椅子を使わない日常生活に戻れるか、という不安があった。自宅では家内の高齢の両親とも暮らしており、家内の負担が大きい。この上、私が車椅子という事になると、家内の事が心配になる。幸い、事故前の生活に戻れたが、我々の生活は薄氷の上を歩いているようなものという気がしている。

 最後に、警察の方、私を歩道まで運んでくれた方々、筑波メディカルセンター病院の方々、本当に有難う御座いました。60歳で退職した時(現在は再雇用)の慰労会で、「100歳まで生きて世界の変化を見届けたい」と挨拶したが、まだ64歳。先は長い。頑張らねば。
# by utashima | 2015-12-10 12:10 | イベント | Trackback | Comments(0)

NASA's Eyesの3D Phobos

 私のブログのこちらで、NASAの3Dサイトを2つ紹介した。Eyes on the Solar SystemとEyes on the Earthである。これらのサイトがNASA's Eyesというサイトに統合されていた。系外惑星の研究も含まれている。このサイトから、『NASA'S Eyes』というソフトをダウンロードできる。

c0011875_21324215.jpg NASA's Eyesを起動し、火星の第一衛星Phobosを表示してみた。右の画像である。火星を背景にPhobosが見える。この画像を見て、おかしいと思った。この画像のPhobosの左端に大きな「くぼみ」が見える。Stickneyという名前のクレーターである。このクレーターはPhobos最大のクレーターである。Phobosも地球の月と同様に、公転と自転の速度が同じである。そして、火星から見ると、StickneyクレーターはPhobosの左側(Leading side)に見える。NASA's Eyesの画像は、Stickneyの位置が逆になっている。

 ESAの火星探査機Mars Expressが撮影したPhobosの画像が、こちらにある。この画像が掲載されているホームページは、こちらである。どの向きに火星が有るか等も詳しく示されている。この写真の右端にある「くぼみ」がStickneyクレーターである。NASA's Eyesの画像とは位置が異なっている。

 1週間ほど前に、NASA's Eyesサイトのサイト・マネージャーに、この事をメールで問い合わせた。

[追記(2016年3月11日)]
 2016年3月11日に久し振りにNASA's Eyesを実行してみると、上記の版からupdateされていて、Phobosの向きは正しい状態に修正されていた。しかしサイト・マネージャーからの連絡はなし。
# by utashima | 2015-11-28 21:32 | 宇宙開発トピックス | Trackback | Comments(0)

囲碁クエスト(9路盤)でやっと初段に

 今年3月頃から「囲碁クエスト」を楽しんでいる。

 今日、囲碁クエストの9路盤で初段になった。2級から1級に上がる時も時間が掛かったが、1級から初段の方がもっと時間が掛かった。万年1級かと諦めていた時もあった。

 13路盤の方は、まだ1級である。13路盤の方は、初段は当分先であろう。
# by utashima | 2015-11-28 21:13 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)