「ほっ」と。キャンペーン

『歌島昌由の近況』ブログの目次

                                『歌島昌由の近況』ブログの目次

 ブログ・システムは目次機能を持っておらず、過去の記事を読む場合は不便です。そこで、本ブログでは、2段階の目次ページを用意しました。

・このページは、このブログ全体の目次です。
・以下に記した各カテゴリ名をクリックすると、そのカテゴリの目次にジャンプします。そこで、読みたい記事のタイトル名をクリックして下さい。その記事を読む事ができます。

1. 宇宙機の軌道設計/ 解析
2. 宇宙開発トピックス
3. 歌島姓・尾道
4. 省エネルギー
5. つくば近傍探訪記
6. パソコン
7. 映画・ドラマ
8. 読書
9. 読書2
10.ブログ作成の経過
11.囲碁
12.イベント
# by utashima | 2018-12-31 23:59 | 目次 | Trackback | Comments(2)

修理後1か月のFH90/A3Bの調子(BDのデータベース化)

 2017年1月15日に修理後の富士通FH90/A3Bが戻って来て、1か月経った。正常に動作している。地デジ番組のBD-Rへのコピーも、正常にできている。以前は寝る前にPC再起動を行なっていたが、その必要もないと判断し、最近は基本的には再起動せずに使い続けている。Windows Updateなどの更新があると、自動的に再起動されるが、それだけである。

 地デジ番組では、映画、NHKスペシャル、TBSの世界遺産、ブラタモリなどをH/Dに録画した後、BD-Rにダビングして保存している。歴史秘話ヒストリアも時々BD-Rに保存している。現在までに、BD-Rに保存した番組は約600、BD-Rの枚数は約240枚。
 映画のタイトルや番組名などで簡単に録画の存在を知る事ができるように、全BD-Rの録画タイトルをExcelに入力し始めた。現時点で、約半分の入力を終えた。存在を確認しても、どのBD-Rに入っているかは、1枚1枚探す必要がある。偶に探すことがあるが、200~300枚程度ならば、大した負担ではない。
# by utashima | 2017-02-20 12:13 | パソコン | Trackback | Comments(0)

修理に出したPCが復帰

 今日(2017年1月15日)の午後、ヤマダ電機に修理に出していた新PC (富士通製FH90/A3B)が戻って来た。このPCは2016年11月24日に購入したもの。しかし、1か月後の12月末に起動しなくなった。そしてヤマダ電機に修理に出した。
 1月11日にヤマダ電機から電話があり、修理が終わった事、メイン・ボードを交換した事、データは無傷である事を知らせてくれた。購入時の状態から再設定する事を覚悟していたので、嬉しかった。

 今日の夕方、新PCを受け取り、電源を入れた。すぐに立ち上がり、デスクトップ画面が表示された。そして、マイクロソフト・アカウントのパスワードを要求された。これは、Office2016がメイン・ボードが変わった事に気づいてユーザー認証を求めたためだろう。パスワードを入力し、使える状態になった。

 年末から今日までは旧PCを使っており、その間に変化したファイル群をバックアップ先の外付けH/Dから新PCにコピーしてデータの継続性を確保した。

 22時前に、再起動の時刻設定を変更せよとのメッセージが来た。驚いたが、22時前にWindows Updateが行なわれその後再起動しようとしたが、ジョブが走っている時は再起動しない設定にしていたので、再起動の時刻を設定し直せと言っていると分かった。丁度NHKスペシャルを録画中だった。それが終わったので再起動を許可し、Windows Updateは正常に終わった。
 ところが、その後、Outlookでメールを見たりしていた時、突然画面が真っ暗になった。H/Dのランプは点滅していた。仕方ないので、強制的に再起動し、このブログを書いている。

 以上の状況であり、新PCの復帰は嬉しいが、完全には信頼できない状態。5年保証で購入したので、故障したら何度でもヤマダ電機に持ち込む積り。幸い、旧PCは思いの外正常に動作した(但し、録画済み地デジ番組のBD-Rへのダビングは殆ど失敗)ので、今後も予備PCとして保管しておく。
 このようなPCを使っていると、ボケる暇がない。
# by utashima | 2017-01-15 21:51 | パソコン | Trackback | Comments(0)

予備のバックアップ用H/D

 今まで家庭において、デスクトップPCに、そのデータをバックアップする外付けH/Dを取り付けて使用して来た。バックアップ・ツールとして、BunBackupを2007年から10年間使い続けている。PCと外付けH/Dが同時に故障する確率は十分小さいと考えている。

 今回のようにPCが故障し、修理に1か月程度かかる状況は初めての経験。この間にバックアップに使っていた外付けH/Dが故障すると、大切なデータが完全に消えてしまう事になる。そこで、予備のバックアップ用H/Dを購入し、2か所にデータを保持できる状況にした。H/Dの容量は500GB。

 
# by utashima | 2017-01-09 17:06 | パソコン | Trackback | Comments(0)

2017年の初詣

 2017年の初詣に出かけた。いつもの千勝神社。次男・長女・家内・私の4人で。昨年も2日に行き、空いていたが、今日は経験した事のない混み具合だった。何故こんなに混んでいるのか分からなかった。本殿の前から長い行列。列の末端は石段を降りた辺り。約30分並んで待った。晴れてそれほど寒くなかったので苦にはならなかった。

 帰りはイオンモールつくばのレストランで遅い昼食。4人がそれぞれ異なるステーキを頼み、食べ比べた。
# by utashima | 2017-01-02 17:31 | イベント | Trackback | Comments(0)

旧PC (D732/T7FB, 東芝)の現状

 新年あけましておめでとうございます。

 購入1か月で新PCが故障して修理に出したため、廃棄予定だった旧PCを12月29日12時頃から使っている。予想通り、1日に2〜3回は電源が落ちる。すぐに電源ボタンを押すと、正常に起動しない事があるので、数十分程度放置してから電源ボタンを押すと、立ち上がる。新PCが直って戻って来るまでの1か月程度は、こんな調子で持ち堪える予定。テレビは視聴でき、H/Dへの録画もできる。但し、BD-Rへのダビングは全く出来なくなった。旧PCの異常は、電源系が原因だろう。長時間使っていると、電源が落ちるので。この異常が、光学ドライブの方にも波及したかな。

 今回の新PCの故障を体験し、常に最低限の事ができる予備のPCが必要かなと思うようになった。今使っている旧PCが今後1か月間使う事ができれば、これは廃棄せずに保管しておこうと思う。
# by utashima | 2017-01-01 23:39 | パソコン | Trackback | Comments(0)

新PCが早くも故障

 2016年11月24日に購入した富士通のFH90/A3Bが今朝故障した。

 昨夜寝るまでは正常だった。今朝起きてPCを見ると、電源ボタンだけが点灯している状態。マウスを動かすか、電源ボタンを軽く押すと、画面が表示される筈。ところが、真っ黒のまま。電源ボタンを数秒間押し続けて強制終了させてから、電源ボタンを押した。やはり真っ黒のまま。何度か同様の事を試したが効なし。仕方ないので、初期に作っておいたリカバリーUSBメモリを使って出荷時の状態に戻そうとしたが、巧く行かなかった。

 ヤマダ電機に持って行き、調べて貰ったが、手に負えず、修理に出す事になった。基板かH/Dの故障が疑われるという。正月を挟むので、修理を終えるのは1月末だろうとの事。購入して1か月で修理に出すという経験は初めて。最近のPCは信頼性が落ちているのかな。修理を終えても、データは消えている可能性が大きい。多分、出荷時の状態で戻ってくる。1か月前に行なった設定作業を再び繰り返す事になろう。

 旧PCはこの年末にリサイクル処理(廃棄)に出す予定だったが、忙しかったので、年を越してからにしようと放置していた。そのPCを再び書斎に持ち込み、使い始めた。1日に1回はダウンする筈だが、正常に再起動していたので、何とか使えるだろう。今現在、使い始めて2〜3時間経っているが、正常に動作している。不幸中の幸いかな。
# by utashima | 2016-12-29 14:25 | パソコン | Trackback | Comments(0)

銀星囲碁17(3級設定)で初勝利

 3級設定にした銀星囲碁17と互先で対局し、初めて勝利した。3目半の勝ち。3級設定と4級設定の間には、比較的大きな棋力差があると感じた。今後も、3級設定で訓練すれば、強くなれるかも知れない。
# by utashima | 2016-12-26 18:41 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)

マッサンの師匠が尽力したウイスキー

 普段は1000円台のウイスキーを飲んでいるが、正月は少し高いウイスキーにしようといつもの店に出かけた。4000円~5000円の物を想定していた。『MARS MALTAGE "COSMO"(越百)』が目に留まった。価格は4200円。このウイスキーを見たのは初めて。横に2800円の『竹鶴』があったが、越百を買ってみた。封を切るのは正月になってから。

 越百というウイスキーはどんな人が作っているのだろうと、ネットで探してみた。こちらのサイトが見つかった。そのページの最後にマルスウイスキーの歴史が書かれている。このウイスキーの誕生に尽力したのは、竹鶴政孝が卒業した大阪高等工業学校の先輩の岩井喜一郎だった。竹鶴は、岩井を頼って彼が勤務していた摂津酒精醸造所に入社。竹鶴はその会社からスコットランドにウイスキーの勉強のために派遣された。この辺りから、2年前のNHKの朝ドラ「マッサン」の話が始まっている。

 どんな味か、飲むのが楽しみだ。
# by utashima | 2016-12-26 17:30 | 映画・ドラマ | Trackback | Comments(0)

3級設定の銀星囲碁17は私より強い

 銀星囲碁17の強さ設定を変えて対局している。前回の記事では、5級では私が勝てた。4級でも比較的楽に勝てる。3級では、数回対戦したが、まだ勝てていない。2目半負けが最も善戦した結果である。

 以上の結果から、3級設定で勝利する事が私の目標となった。
# by utashima | 2016-12-25 21:36 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)

アマ8段の銀星囲碁17との対戦

 先日、アマチュア8段というふれ込みの銀星囲碁17を購入した。銀星囲碁12を持っていたので4割引きの値段で買えた。

 銀星囲碁10の頃から私の実力ではなかなか勝てなくなり、その次に購入した銀星囲碁12(アマチュア4段相当)に対しては殆ど勝った記憶がない。この頃の銀星囲碁はモンテカルロ法を適用していた。このような状況なので、銀星囲碁17の案内を貰っても、触手が動かなかった。ただ、銀星囲碁17は最近注目されている深層学習(Deep Learning)を取り入れているので、関心はあった。

 12月初め頃からWindows10搭載の新PCに換装したため、銀星囲碁10、12が共に動作しなくなった。これらの銀星囲碁はWindows7までにしか対応していなかった。囲碁ソフトがないと、棋譜の検討に不便なので何でもいいから囲碁ソフトが欲しかった。そこで私の実力では勝てないが銀星囲碁17を購入した。銀星囲碁17が推奨するPC動作環境は、Intel Core i7-6700HQ(4コア、2.6GHz)、メモリ8GBであり、私の新PC(FH90/A3B)の環境と一致しており、最大の性能が出る筈。

 最強設定(アマ8段)で数局対戦したが、全く歯が立たない。今後、このソフトとの対戦をどのように進めるかを考えた。2つの方法がある。1つはソフトは最強設定で、私の置石の数を増やす方法。多分5~6目置けば勝負になるだろう。もう一つの方法は、ソフトの棋力を下げた設定にして互先のままで対戦するもの。私は置き碁は基本的に好きでないので、後者の方法での対戦を開始した。

 最弱の設定は10級が可能。まさか10級と互先で対戦して負ける筈がないと思いつつ対戦してみた。3回対戦して2勝1敗。負けた対局は私にミスがあり、10級設定では数十目の差で勝てると判断した。

 次は、5級の設定で2局対戦し、どちらも数十目の勝ち。この次は、3級の設定で対戦してみる予定。
# by utashima | 2016-12-23 21:46 | 囲碁 | Trackback | Comments(0)

外付けH/Dの廃棄

 2004年に購入し2009年まで使っていたが、それ以降はお蔵入りとしていたH/D(160GB)の廃棄処理を行なった。書斎の整理の一環として。

 廃棄の前に全データの完全消去を行なう必要がある。それにはH/D自体が正常に動作する事が必要。7年間使っていなかったので心配であったが、先日から使い始めた新PC(FH90/A3B)に接続して読めることを確認した。
 2012年に古いPCを廃棄する時、ソースネクストから購入したドライブクリーナーを使った。こちらにその時の事を書いている。そのソフトはまだ持っているが、Windows7までの対応なので、ネットで新たに探した。フリーのソフトが見つかった。DiskEraseUtil.exeである。これはWindows10まで対応している。但し、システムの入ったドライブは消去の対象外である。私の今回の目的には適している。PC自体を廃棄する時は、最近のPCでは内臓ディスク全体を消去するツールが付属しているので、それを使えばよい。

 今回、最も安全な「米国家安全保障局(NSA)推奨方式」を使ったためか、160GBのH/Dの完全消去に5時間30分掛った。
# by utashima | 2016-12-18 20:53 | パソコン | Trackback | Comments(0)

新PCの動作状況

 2016年12月1日に新PCのTV機能も設定し、新PCをフルに使用している。12月1日の記事ではBD-Rへのダビングはまだ実施していなかった。その後、BD-Rへのダビングを実施し、正常に動作している。富士通のマニュアルを読むと、推奨するBD-Rとしてパナソニック製のものを明記している。私は数年間色々なメーカーのBD-Rを試したが、パナソニック製が良いと判断して購入してきたので、富士通のマニュアルの記載に同意する。今のところ、FH90/A3Bからパナソニック製BD-Rへのダビングは全て成功している。なお、FH90/A3Bに搭載されているBDドライブは、パイオニア製である。

 今朝、TV機能を担当しているDigitalTVboxというソフトに変な現象が発生した。昨夜予約録画した3番組を、今朝、録画番組一覧で見ると「中止」となっていた。再生を試みても「録画が途中で失敗した」とのメッセージが出るだけ。
 上記3番組の内の2番組は「ニュース7」と「時論公論」であり、昨夜に正常に再生した後、削除したもの。よって、削除済み番組の処理に問題があったのかも知れない。
 残る一つは「東京裁判」の第3回。これは未再生。昨夜、録画後に録画番組一覧を見た時は「中止」の表示はなかった。これが再生できないのは残念。
 富士通に問い合わせたが、「原因不明なので、DigitalTVboxを再インストールしてください」という返事。私は、これに従う積りはない。上記3番組以外は全く正常なので(この事も質問には記載)。今思うと、今朝早朝にWindows Updateがあったので、その影響を受けたかも知れない。
# by utashima | 2016-12-15 19:39 | パソコン | Trackback | Comments(0)

新PCの設定(TV機能)

 2016年12月1日、新PC (FH90/A3B,富士通製)のTV機能の設定を行なった。

 旧PCは、相変わらず1日に数回の異常終了が続いている。但し、電源ボタンを押すと正常に起動するので、何かの時に立ち上げる事ができるように、次男の部屋の片隅に置いている。今年末頃まで置いておき、新PCに問題がなければ、全データ削除を行ない、東芝のPCサイトにアクセスし、リサイクル処理の手続きに進む予定。

 新PCを旧PCを置いていた場所に移動し、アンテナ・ケーブルを接続した。ネット接続はイーサネット・ケーブルも接続した。Wi-Fi接続だけの時は、20Mbps位の速度だったが、イーサネット・ケーブルも繋ぐと38Mbpsとなった。地デジの視聴、H/Dへの録画、録画番組の再生が正常に動作する事を確認した。気になっていた事の一つが、追っかけ再生ができるかという事。問題なくできた。これでTV機能が旧PCよりはずっと便利になる。

 まだ確認していない事は、録画番組をBD-Rにダビングすること。これから録画予約する番組の設定を行ない、BD-Rに保存したい番組であればダビングしていく予定。ここまで、購入してから約1週間。ホッとしたところ。
# by utashima | 2016-12-01 13:22 | パソコン | Trackback | Comments(0)

新PCの設定(TV機能以外)

 11月24日に購入した新PC (FH90/A3B)のTV機能以外の設定をほぼ完了した。

 Outlookは、旧PC内の拡張子がpstのファイルをコピーして新PCの対応する場所に入れると、仕訳の設定も含めて完全に移行できた。
 ブラウザは、Windows10の標準であるEdgeを使わず、今までWindows7で使ってきたSleipnir4を設定して使っている。ブラウザも使い慣れたものがよい。旧PCのSleipnirの環境設定(お気に入りも含む)が入っているフォルダーのコピーを新PCの対応するところに入れて完了。
 その後、各種のデータ・ファイル群を新PCにコピー。小物のソフト群をネットからダウンロードして設定。デスクトップに、旧PCと同じようにデータ・ファイルやソフトのショートカットを配置した。
 これで、TV機能以外の設定を終えた。数日間、新PCを使い続けて問題なしとなれば、TV機能の設定に進む。

 今回は、旧PCがまだ何とか動作する状況だったので、比較的楽だった。旧PCの動作は、1日に2~3回電源が落ちる様な状態。11月24日に新PCを購入して正解だった。
 新PCは、ディスク・トレイや電源ボタンなど殆ど全てが、前面下に付いていて、操作性が良い。前面下には比較的大きなスピーカーが3つ付いており、旧PCと比較して音が良い。
# by utashima | 2016-11-27 17:46 | パソコン | Trackback | Comments(0)

新PC(FH90A3)の購入

 今日の午後3時30分頃、今日2回目のPCダウンが発生した。囲碁クエストで対戦していた。この時点で、新PCを買う決心をした。

 ヤマダ電機に行くまでは、NECのディスプレー一体型を考えていたが、店で詳細な説明を受け、富士通のFH90/A3を購入した。約20万円。約1万円を追加して、保証期間を5年間に延長した。

 旧PCは再起動すれば暫くは動作するので、新PCの設定は、ゆっくりと進めよう。新PCは27インチ画面なので、迫力が楽しみだ。
# by utashima | 2016-11-24 18:51 | パソコン | Trackback | Comments(0)

PCの異常終了(その2)

 11月17日に自宅のPCの異常終了について書いた。節電のためのスリープモードが原因かもと考えて、画面・H/D・CPUなどを常にオンにして使う設定に変更して1週間使ってきた。

 多少は改善した感触も有るが、何度か異常終了して予約録画が出来なかった事があった。1例として、一つの予約録画が正常に終わった後、数分程度の後にPCが異常終了となり、その後の予約録画が出来なかった事がある。これは、ユーザーには対処策はなかろう。

 今のまま使い続けた場合の問題点は、以下の番組の予約録画に失敗する場合がある事。
  (1)朝ドラ(NHK)、(2)午後のロードショー

(1),(2)とも別の録画機能付きTVで日々自動録画しているので、視聴はできる。ただ、(2)で良かった映画をPCで録画できていないと、BD-Rに保存できないのが残念な所。この程度の不便さならば、このままPCを使い続ける判断をしている。

[追記(2016年11月24日)]
 このPCを使ってネットから本を注文しようとしていた時、PCが突然止まり、画面が真っ暗になった。これらの不具合はTV機能(Quosmio TV Center)が主因と思っていたが、今回の現象を目の当たりにして、考えが変わった。PC基本部の基板の劣化が原因だろう。
 異常終了後、1回で再起動できる限りは使い続けよう。このPCは年を越せないかも。
# by utashima | 2016-11-23 10:31 | パソコン | Trackback | Comments(0)

PCの異常終了

 今年5月に約4万円でPCの液晶画面を交換して貰ってからは、正常にPCを使えていた。しかし、1週間ほど前から時々PCが異常終了する様になった。PCを使っている時にいきなり画面が真っ暗になった事もあるが、暫くPCから離れた後に異常終了している場合が多い。幸いな事に、再び電源ボタンを押すと、正常に立ち上がる。購入から4年を経ただけなので、まだ使いたい。但し、修理にはもう出したくない。今年5月で懲りた。

 私のPCは、TV付きディスプレー一体型であり、沢山の地デジ番組を録画予約している。そのため、録画機能がいつでも作動するように、PCを使っていない時は30分でスリープ状態になる様に設定していた。

 スリープ状態になる時に異常が発生するのかも知れないと考え、暫くの期間、スリープ状態には移行しない設定に変更して様子を見る事にした。この状態で使用しても、消費電力は60W以下なので、24時間ONとしても電気代は月1000円位。

 スリープ状態に移行しない設定にしても、異常終了が繰り返される様ならば、新PCを買わねばならないかな。

 
# by utashima | 2016-11-17 17:18 | パソコン | Trackback | Comments(0)

明治から昭和の戦争の歴史

 2016年7月30日、NHK総合で放送された夫婦の愛と絆を描く終戦スペシャルドラマ『百合子さんの絵本 〜陸軍武官・小野寺夫婦の戦争〜』を観た。陸軍武官の小野寺信は、妻百合子を伴って、スウェーデンの首都ストックホルムで駐在武官として勤務した。1945年2月に行なわれたヤルタ会談の密約を諜報活動に依り入手する。密約とは、ドイツ降伏後3か月以内にソ連が日本に攻め込むというもの。小野寺は百合子に暗号化して貰って日本に打電する。しかし、日本の上層部は、握り潰した。

 この番組を観て、小野寺信の事をもっと知りたいと思い、以下の2つの本を電子版で読んだ。

(1)岡部伸著:『消えたヤルタ密約緊急電―情報士官・小野寺信の孤独な戦い』(新潮社、2013年)
 今の日本には英国のMI6や米国のCIAのような諜報機関はないが、第二次世界大戦の頃までは小野寺信のような駐在武官らが諜報活動をしていた。私はこの事自体をこれまで知らなかった。小野寺は当時欧州では恐れられた日本のエージェントだった。ソ連が日本に攻め込むという重大な情報を小野寺から手に入れながら、日本の上層部は既定の方針(ソ連に太平洋戦争の調停を依頼しよう)に不都合という事で無視した。日本は昔から現場の人間は凄いが、上層部がお粗末なのか。

(2)加藤陽子著:『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社、2015年)
 この本は、日清戦争から太平洋戦争までの日本人の選択を、中高校生と考えようと思った著者が、2007年の冬休みの5日間に中高校生十数名に行なった講義をまとめたもの。分かり易くて良い本と思った。

日清戦争(1894〜1895年)から10年後に日露戦争(1904〜1905年)、更に10年後に第一次世界大戦(1914〜1918年)、その十数年後に日中戦争〜太平洋戦争と、日本はほぼ十年毎に戦争していた。太平洋戦争に負けてから現在まで71年。この期間を無限大に延長したい。
# by utashima | 2016-10-01 15:21 | 読書2 | Trackback | Comments(0)

『遠い思い出』5編を作成

 私は今年65歳。最近は、子供達に何を残せるかと考える事がある。すると、父の事を思い出す。父は9年前の2007年に88歳で亡くなった。父は尾道市向東町の歌(向島の東の端)という地区に生まれ育った。父の子供時代の事は、殆ど知らない。唯一父から聞いた話は、子供の頃、歌から対岸の尾道まで泳いで渡ったという話。誰でも同じと思うが、自分がまだ40代、50代の頃は、父から昔の話を聞きたいと思う事はなかった。仮に今父が生きていても、記憶が曖昧で話せないのではなかろうか。

 私は子供達にお金を残す事は出来そうにない。だが、自分の記憶はしっかりしているので、私の子供の頃から現在までの思い出を残そうと考えた。私は中学生と高校生の時、日記を書いていた。九州大学に進学した時、それまでの日記は尾道の家に置いたままにした。20年位前に母から「日記を送ろうか」と聞かれた時、「要らない。処分して。」と答えてしまった。今思うと、残念な事をした。大学時代は日記を書いていなかったが、結婚前から再び日記を書き始め、現在まで続けている。

 数年かけて、以下の5編の『遠い思い出』を作成した。

(1)『遠い思い出(6歳~29歳までの記憶)第2版』
 この期間は、上記の様に日記を廃棄していたので、記憶に頼って作成した。初版は2008年に作成し、尾道の母に送っている。2008年に作成した時、小学3年まで住んだ日立造船の社宅の間取りを思い出して懐かしかった。その後、高校卒業まで住んだ向東町彦の上沖の住居の間取りも思い出して描いた。この住居は、兄が立て替えたので、残っていない。

(2)『遠い思い出(結婚~鳩山転勤まで)』
 1980年に結婚してから、1990年に埼玉県鳩山町に異動になるまでの思い出。

(3)『遠い思い出(鳩山時代の記憶)』
 1990年から1995年までの鳩山町に住んだ思い出。

(4)『遠い思い出(筑波復帰〜学位取得まで)』
 1995年に筑波宇宙センターに戻り、2001年に博士号を頂くまでの思い出。

(5)『遠い思い出(2001年4月~2016年まで)』

以上の5つはスマフォに送れるように、各々約2MB以下のファイルとし、家内と3人の子供達にメールで送った。
# by utashima | 2016-09-29 23:11 | イベント | Trackback | Comments(0)